エントリー
ホーム > 採用・募集 > 新卒採用 > メッセージ

メッセージMessage

株式会社JVCケンウッド・公共産業システム
代表取締役社長    上原 輝久

すべては暮らしやすい社会のために

JVCケンウッド・公共産業システムは音響事業と映像事業に長い歴史を持つ日本ビクターとケンウッドを源流として
その歴史と確かな経験に裏打ちされた信頼をもとに、これまで社会の課題解決にまい進してきました。

創業6年目を迎えた今、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに社会の変化はより一層スピード感を増し、
それに伴い、我々を取り巻く環境も大きく変化をしています。
経済の発展や技術の進化、そして今回のコロナ禍など、日々変化し続ける社会環境にあっても
安心・安全・快適な暮らしは変わることなく人々から求められます。

私たち、JVCケンウッド・公共産業システムは常に人々が求める暮らしやすい社会のために努力していきます。

お客様の課題に寄り添う それが私たちのソリューションです

JVCケンウッド・公共産業システムは製品を開発してご提供するだけのメーカーにはとどまりません。
お客様のご要望や目的をお伺いし、自社・他社の枠を超え、想いをカタチにする最適なソリューションをご提案。
そこから設計・施工、保守・メンテナンスにいたる、満足度の高いワンストップ・ソリューションを実現し、
お客様へ音と映像と通信で「安全・安心・快適」に貢献します。

“寄り添う心”(顧客起点) “挑む心”(チャレンジ) “思う心”(協調)

JVCケンウッド・公共産業システムはビジョンを実現するために従業員の規範となる行いを行動指針として定めています。
組織としてどういう行動が推奨されているのか、従業員の向かう方向を示し、従業員とともにあるべき姿を目指していきます。

“寄り添う心”(顧客起点)
 私たちは顧客の声に耳を傾けます。
 私たちは顧客を深く知り、課題を解決します。
 私たちは顧客に信頼される企業になります。

私たちは、私たちの商品、サービスを利用する顧客が求めるもの、抱える悩み、必要なこととは何かを念頭に置かなくてはなりません。
顧客に寄り添い、耳を傾け、課題を知ること、見つけることから私たちの顧客価値創造は始まります。

“挑む心”(チャレンジ)
 私たちは常に未来を考え行動します。
 私たちは常に好奇心・探求心を持ち続けます。
 私たちは常に求められる期待を超える努力をします。

人は未来志向で、好奇心・探求心をもって粘り強くものごとに挑戦することで成長します。
そして1人ひとりの成長によって企業も成長していきます。私たちは困難をおそれず、挑戦する姿勢を持ち続けます。

“思う心”(協調)
 私たちは一人ひとりの個性を大切にします。
 私たちはコミュニケーションを大切にします。
 そして、私たちはチームワークを大切にします。

個人では乗り越えられない課題であっても、一人ひとりの強みとチームワークを発揮すれば、
従来の能力を超えた大きな力を得ることができます。私たちは、誠実な心で互いを認め合い、力を合わせて取り組みます。

変化をチャンスに

変化の激しい、将来が見えない不透明なこの時期だからこそ出来ることがあります。
それは変化の時代こそ新しい事業や仕組みを始めるチャンスだからです。
変化が激しい時に、変化を恐れ受け身に回るか、変化をチャンスととらえ攻めに回るか。受け身と、攻めどちらを選択するか。
この企業姿勢が今後の成長と発展を決めると言っても過言ではないでしょう。

顧客に寄り添い、固定観念にとらわれず、困難をおそれることなく挑戦し続ける。
そして、誠実な心で互いを認め合い、組織として力を合わせて取り組んでいく。
私たちは、このような考え(心)に共感できる仲間を求めています。
今こそ個の力を結集し、組織力の最大化を図りピンチをチャンスに転じたいと考えています。

考える前に走り出せ。 躊躇している間があったら飛び出せ。
出来るか、出来ないか、ではない。 やるか、やらないか、だ。

ここには未来を拓く舞台があり、その扉は皆さんの目の前にあります。