エントリー
ホーム > 採用・募集 > 新卒採用 > 会社を知る

会社を知るAbout

単なるメーカーにとどまらない、お客様に深く寄り添ったソリューションで社会に貢献します。

当社は、 放送設備とカメラの「日本ビクター」 高い無線通信技術の「ケンウッド」 から受け継いだ、音響・セキュリティ・無線システムを製造販売する 「メーカー機能」に「施工・保守」をプラスし、2016年に発足しました。 この事業基盤が会社を支え、牽引しながら、さらに他社の 製品も取り込み、「ソリューションビジネス」の展開 に取り組んでいます。
お客様が管理する施設の課題を、当社の技術と提案で 解決しているのが我々の仕事です。
製造、販売から施工と納品後の保守に至るまでの 部門があるため、課題解決の取り組み (ソリューション提供)を社内で一貫して 総合的に行える会社です。

Total Solution Provider Total Solution Provider

事業基盤

  • ソリューション提案力

    ニーズを的確に捉え、お客様にとってのベストソリューションをご提案します。

    ソリューション提案力
  • システム技術力

    製品+アプリケーションの組み合わせでお客様の多様なニーズを実現します。

    システム技術力
  • エンジニアリング力

    信頼ある施工力に加え、継続的な運用サポートでお客様のビジネスを支えます。

    エンジニアリング力

市場

当社の製品・ソリューションを導入いただいている市場は、以下の通りです。

その他導入事例はこちら

企業理念

音響・セキュリティにおけるソリューションビジネスの先駆者に

経営理念

すべては暮らしやすい社会のために

企業ビジョン

音と映像と通信で“安心・安全・快適”に貢献します

行動指針

1. “寄り添う心”(顧客起点)
 私たちは顧客の声に耳を傾けます。
 私たちは顧客を深く知り、課題を解決します。
 私たちは顧客に信頼される企業になります。

2. “挑む心”(チャレンジ)
 私たちは常に未来を考え行動します。
 私たちは常に好奇心・探求心を持ち続けます。
 私たちは常に求められる期待を超える努力をします。

3. “思う心”(協調)
 私たちは一人ひとりの個性を大切にします。
 私たちはコミュニケーションを大切にします。
 そして、私たちはチームワークを大切にします。

CSR活動

アメリカンフットボールチーム“IBM BigBlue”とのスポンサー契約

IBM BigBlue デジタルワイヤレスインターカム WD-D10シリーズ

当社は、日本アイ・ビー・エムがメインスポンサーを務めるアメリカンフットボールチーム“IBM BigBlue”とスポンサー契約を結んでおり、またJVCブランドのワイヤレスインターカム「WD-D10」を提供しています。

同製品はコーチ陣のコミュニケーションに使用され、社会人アメリカンフットボール X Leagueのパールボウル2018準決勝から導入が始まりました。

IBM BigBlue 事例紹介ページはこちら

会社概要

当社の基本的な情報

商号 株式会社JVCケンウッド・公共産業システム
英文名 JVCKENWOOD Public & Industrial Systems Corporation
本社所在地 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
資本金 300百万円
従業員数 767名(2021年4月1日現在)
主要事業 映像・音響・通信関連機器、およびシステムソリューションの開発・製造・販売・施工・保守
詳しい会社概要はこちら 会社沿革はこちら

所在地

本社・横浜事業所/白山事業所/全国の営業・サービス拠点

本社・横浜事業所

〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地 (株)JVCケンウッド 横浜事業所内

詳細はこちら

白山事業所

〒226-8525 神奈川県横浜市緑区白山1-16-2 (株)JVCケンウッド 白山事業所内

詳細はこちら

全国の営業・サービス拠点

全国の営業・サービス拠点
営業拠点一覧はこちら サービス拠点一覧はこちら