ホーム > 導入事例 > ソリューション導入事例 > うきは市議会 様(福岡県うきは市)

フルデジタル議場ソリューション

うきは市議会様(福岡県うきは市)

PDF版ダウンロード フルデジタル議場ソリューション うきは市

福岡県うきは市議会が最新のフルデジタル議場システムを導入。
高音質&最新機能でスムースな議事運営と議会機能強化を実現。

福岡県の南東部に位置し、豊かな自然と歴史的街並みを残す「うきは市」。 市民と行政による協働のまちづくりを推進するうきは市議会では、音響機材の老朽化に伴い「議場システム」導入を計画。フルデジタル会議システムPM-5000シリーズをメインに、最新機器で構成されたJVCケンウッド・公共産業システム(以下JKPI)が提案する『フルデジタル議場ソリューション』の採用が決定しました。 

導入の背景

うきは市議会では、平成10年より使い続けてきた音響機材の老朽化に伴い、議場設備のリニューアルを計画。 JKPIは旧機材時の不具合や新たなご要望などを詳細にヒアリングし、『フルデジタル議場ソリューション』を提案。 フルデジタル会議システムPM-5000シリーズを軸に、高音質収録システムや自動追尾カメラまでを連動させたシステム提案に加え、保守体制にも評価を頂き、採用が決定。 導入後も迅速な対応を心がけ、丁寧なアフターフォローを継続しています。

導入のポイント

  • 音量を聞きやすく自動調整。拡声も収録も、高音質なフルデジタル音声対応議場システム。
  • マイク・自動追尾HDカメラ・テロップを連動させ、一人で運用できるタッチパネル式システムソフトウェア『ジェイミー(jmee)』。 jmee ジェイミー
  • 提案、導入からアフターサービスまで。お客様満足を最優先したワンストップ・ソリューション。
フルデジタル音声対応議場システム

導入の効果

「人により異なる声の大きさも、このシステムでは音量が自動的に均一化されて聞きやすく、議員の方々にも好評です。また、議事録を残すために重要な“音声による議事収録”も高音質で記録され、大きな安心となっています。」
「ストリーミング中継や動画配信サイト公開など、今までも様々な取り組みをしてきましたが、音声・映像・操作が連動する議場システムの導入は今回が初めて。 テロップ表示やHDカメラでのライブ中継などもまだ始めたばかりですが、“開かれた議会”を目指し、傍聴席やロビーに議会の様子が活き活きとお伝えできればと考え、チャレンジしています。」

うきは市役所 議会事務局 記録係 係長 浦聖子 氏
うきは市役所 議会事務局
記録係 係長 浦聖子 氏
うきは市役所 議会事務局 局長 熊懐洋一 氏
うきは市役所 議会事務局
局長 熊懐洋一 氏

User's Profile

うきは市議会
奈良県 広陵町

福岡県の南東部、大分県との県境にある うきは市。南部には屏風を広げたような耳納連山とその山裾に広がる果樹園、北部には雄大に流れる筑後川など、自然環境に恵まれる。 また、平坦部には江戸時代の豪商たちによって作られた美しい白壁の街並みが軒を連ねる歴史のまちでもある。 うきは市議会の議員定数は15名。年4回の「定例会」と必要時に随時開催される「臨時会」により、活発な議会活動がおこなわれている。

HPアドレス:http://www.city.ukiha.fukuoka.jp/
所在地:福岡県うきは市吉井町新治316
2018年1月取材

※記載の法人・団体名・組織名・所属・肩書きなどは、すべて取材時点でのものです。

ページの先頭へ