ホーム > ソリューション > 画像解析ソリューション > 車両ナンバー認証システム

画像解析ソリューション
車両ナンバー認証システム

カメラ映像から車両ナンバーを認証、入構チェックの自動化

近年、商業施設や事業所における、車両の入退構の自動化が加速しています。その多くは、商業施設を中心にパーキングチケットによる課金自動化ですが、一方で課金を伴わない事業所では、守衛所や受付での「人」を介在した入退車両の管理が多く見受けられます。
目視による入構チェック、入構証や面会票等での帳票授受管理など「人」の工数がかかるうえ、24時間運営の工場や物流倉庫では、昼夜交替勤務による引き継ぎなど、入退車両の管理工数はさらに増えます。
こうした課題を背景に、当社では「車両ナンバー認証システム」をお客様にご提案します。
車両ナンバー認証システムは、事業所における入構から退構まで車両ナンバー情報をデータ化し、車両管理工数の省力化を実現します。
カメラ設置工事から、運用における車両事前登録メニュー支援、未登録車両への発報(警告灯、信号機、ゲート連動など)まで、お客様の運用に最適なソリューションをご提供します。

特長

  • 1新・認証エンジンを搭載し、検出スピードアップ。ご当地ナンバー・図柄ナンバーにも対応。
  • 2車両情報に種別登録可能とし、入場・来場の履歴を画像も含め保存可能。
  • 3入場・退場情報から、構内滞在中車両の情報や台数表示が可能。
  • 4VIP車両を予め登録しておき、来所をインカムや無線機への自動通知が可能。(オプション)
  • 5カメラ最大8台まで接続可能。車両ゲートが複数ある事業所の導入にも対応。
  • 6信号機やゲート、インターホン、警告灯などの接点制御も対応。
ご当地ナンバー、図柄ナンバー対応

こんな用途に

  • 省力化

    紙での入構チェックを自動化し、省力化を推進。

  • サービス向上

    VIPのお客様が来所したときのおもてなし対応に。

  • 検証用

    構内事故や事件の調査時、出入りした車の画像検索。

車両ナンバー認証システムの用途 車両ナンバー認証システムの用途 車両ナンバー認証システムの用途

システム構成例

車両ナンバー認証システムのシステム構成例
● 記載されている会社名、製品名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。 ● 画面はハメコミ合成です。

車両ナンバー認証システムのご購入・お見積りに関するご相談はこちら

ソリューション推進部

TEL : 045-443-3025

メールによるお問い合わせ
ページの先頭へ