ホーム > ご提案 > 保守契約のご提案

保守契約のご提案

保守サービス契約をご提案します。

「保守」は、言わばシステムを長きにわたり健全に効率的に稼働させるための健康管理のようなもの。
健康診断=「点検」でトラブルを未然に防ぎ、万一の異常発生のときには、治療=「修理」で迅速にリカバリー。
保守サービスで、システムや機器の状態をつねにベストコンディションに保ちます。

図は、その形から「バスタブカーブ」とも呼ばれ、一般的な機器や部品の故障率を表したものです。機器納入後1年以内は故障率が高く、その後、次第に減少して一定の安定稼働期間のあと、再び高くなります。
定期的なメンテナンスを行うことで、トータルの故障率を大幅に減少させるとともに、経年変化により起こる故障や重大なトラブルを未然に防ぎます。

バスタブ曲線

保守サービス項目

お客様のご要望に応じた保守サービスをお選びいただけます。

  • オプション❶

    修理・部品費用をパッケージ化することで、設備維持経費を定額にできます。

  • オプション❷

    24-365契約※2で、ダウンタイムを最少にできます。

※1:法令の定めにより設置された非常用放送設備は、1年に1回の総合点検と6か月に1回の機能点検、および報告が義務付けられており、一定規模以上の建物などでは、有資格者に点検させる必要があります。 ※2:24時間365日受付いたします。お受けできないケースもございますので、設備と地域についてはご相談ください。

保守サービス内容

1定期的な点検整備で、システムトラブルを未然に防ぎます。

消耗した部品の交換などにより、つねにシステムや機器の性能をフルに発揮させます。

2万一の機器トラブル時はエンジニアが迅速サポート。

通常の営業時間外でも受付、訪問が可能。万一、トラブルが発生した場合も安心です。(保守サービス項目のオプション❷を選択された場合)

3製造メーカーならではの対応力と幅広いエンジニアリングサービス力。

長年の経験と実績で培った技術教育と資格取得支援により、豊富な専門知識を持つ有資格エンジニアを育成しています。

4多様なカテゴリーや他社システムにも対応するマルチベンダー。

幅広い製品カテゴリーに求められる高度な技術で、自社・他社の枠を超えてフルサポートいたします。

  • 非常用放送設備
  • 業務用放送設備
  • 監視カメラ設備
  • 会議室AV設備
  • ホール音響設備
  • 議場設備
  • ネットワーク設備
  • 映像表示設備
  • etc

5全国に広がるサービス拠点で、きめ細かいサービスを提供。

全国22のエンジニアリングサービス網により、スピーディーな対応が可能です。

6保守にかかる費用の定額化も可能です。

長期修繕計画をご提示することで、年度にかかる保守費用を予算化できます。

保守費用例

保守サービスに入っていないと…

通常は、1回の修理費として出張費、作業費、部品代がかかります。(平日の当社営業時間内)

保守サービスにご加入いただくと…

イレギュラーな出費をゼロにすることも可能です!

※ お客様のご負担額は、ご契約内容に基づきます。

簡易お見積もりがすぐできます!
ご相談ください。

見積書

例えば…

システム例 1 システム例 2
設備の種類 CCTV設備 非常用放送設備
主要機器構成 カメラ15台/レコーダー1台 スピーカー112本
保守仕様 機能点検(年1回) 総合点検(年1回)
機能点検(年1回)
対象設備の機器総額(定価) 3,600,000円 5,200,000円
保守費用(年額) 150,000円 500,000円
※ 標準的なシステム構成で算出した場合の概算額です。 ※ 記載されている金額は全て税抜き価格にて表記しています。
ページの先頭へ