ホーム > ソリューション > 事業活動継続(BCP) > デジタルインターカムのご提案

Withコロナ/Afterコロナ時代の「新しい働き方様式」事業活動継続(BCP)のための映像・音響ソリューションご提案

CASE 1

デジタルインターカムのご提案

離れていても情報共有できる、
新しい院内コミュニケーションが働き方を変えます!

患者の緊急搬送受け入れから、検査・処置・入院まで、多くのスタッフが連携するチーム医療。連絡・指示・報告にはコミュニケーションが重要です。
デジタルインターカムが、離れたスタッフ間の院内コミュニケーションをサポート。
グリーンゾーン・レッドゾーンの離れたスタッフとも確実に情報共有することで、チーム医療の質とスピードを向上。
新しい院内コミュニケーションで働き方を変えます!

病院
病院内でのデジタルインターカム

デジタルワイヤレスインターカムシステム WD-D10シリーズ にお任せください!

最大10名でストレスなく、双方向の同時通話が可能。
医療スタッフ全員でリアルタイムに情報共有ができます。

WD-D10
  • クリアな音質で聞き取りやすい。

    混信や雑音が入ることもなく、長時間の装着でも疲れにくく快適です。

  • 設置工事不要ですぐに使えます。

    親機と子機のシンプルな構成で導入いただけます。

  • とても衛生的、しかも堅牢です。

    優れた防塵・防水性能※ 1で水洗いや、消毒用エタノールでの拭き取りが可能。本体は高堅牢設計です※2

    WD-D10 特長
  • 両手をあけてハンズフリーで通話可能。

    ボタン操作が不要で、いつでも瞬時に呼び掛けて指示・伝達できます。

  • 1.9GHz帯DECT準拠方式を採用。

    病院で実績のある院内PHSと同じ周波数帯/出力で、医療機器への影響にも配慮しています。

※1:IP67相当 ※2:アメリカ国防省軍用規格MIL-STD-810C~Gの11項目をクリア
デジタルワイヤレスインターカムシステム WD-D10シリーズ 製品ページはこちら

システム構成例(6台運用)

ポータブルベースステーション1台を充電台に装着した状態で充電しながら親機として運用。
親機のバッテリー時間を気にせず使用できます。

システム構成例(6台運用)

使用範囲

ポータブルベースステーション1台を充電台に装着した状態で充電しながら親機として運用。
親機のバッテリー時間を気にせず使用できます。

機器構成例

  • ポータブルベースステーション[WD-D10PBS]

    6台
  • 充電台[WD-C100CR]

    6台
  • ACアダプター[WD-C100AC]

    6台
  • ヘッドセット[HP-334(WD-D10)]

    2台
  • コントロールマイクロホン[WD-UM100]

    3台

主な構成機器無線局免許・資格不要

  • ポータブルベース
    ステーション(親機/子機)
    WD-D10PBS ポータブルベース ステーション(親機/子機)

    子機モードで約30時間の連続使用が可能。

  • 充電台WD-C100CR 充電台

    充電台を連結してセット可能。
    (別売ACアダプター WD-C100AC)

  • ヘッドセットHP-334(WD-D10) ヘッドセット

    屈曲性のよいフレキチューブ付ブームマイク。

  • コントロールマイクロホンWD-UM100 コントロールマイクロホン

    周囲の音を拾いにくい接話型。

※その他、据え置き型親機(ベースステーション WD-D10BS)やマイクロホンなど、豊富なラインアップを取り揃えております。詳細についてはお問い合わせください。
デジタルワイヤレスインターカムシステム WD-D10シリーズ 資料ダウンロードはこちら
● 記載されている会社名、製品名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。 ● 画面はハメコミ合成です。
お問い合わせ
ページの先頭へ