ホーム > イベント情報 > 国際物流総合展2021(第2回 INNOVATION EXPO)レポート

国際物流総合展2021 第2回INNOVATION EXPOレポート

~ロジスティクス施設における「安全と省力化」の実現に向けたソリューションを提案~

「国際物流総合展2021(第2回 INNOVATION EXPO)」(2021年10月13日~15日、東京ビッグサイト青海展示棟にて開催)では、JVCケンウッドグループが保有する映像・音響技術を生かした物流施設向けソリューションを各種展示。

当社ブースでは、ロジスティクス施設における「安全と省力化」の実現に向け、スマート化・高度化するセキュリティニーズに応える『安全管理・省力化ソリューション』『セキュリティソリューション』の2つのテーマで、「車両ナンバー認証システム」「フォークリフト安全運転検知システム」「映像セキュリティ・音響ソリューション」を展示。

そのほか、「BCP(事業継続計画)対策製品システム」など、ロジスティクス向けの製品システムを各種展示し、物流・運輸・流通事業者をはじめとする多くのお客様にご覧いただきました。

ご来場、御礼申し上げます。展示ソリューションへのご質問や説明・商談のご希望は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらシステムのご相談はお気軽にどうぞ

お問い合わせ

安全管理・省力化ソリューション

フォークリフト安全運転検知システム

物流ターミナルでの「安全管理」の課題として、フォークリフトの作業事故が挙げられます。中でも、フォークリフトの一時停止違反による衝突危険性の課題へのソリューションとして「フォークリフト安全運転検知システム」を展示。

フォークリフトの天面に、4色カラーコード=カメレオンコードを取付け。天井カメラ映像の画像解析で指定エリアでの動態/静止を分析、一時停止を判定します。

会場では、実際にご導入いただいたお客様の動画を交えながら、ダッシュボード(統計画面)で、導入後の効果をご紹介いたしました。

同様の課題を抱える事業者様も多く来場され、熱心に説明を傾聴いただきました。

フォークリフト安全検運転知システム 展示
フォークリフト安全検運転知システム 展示
フォークリフト安全検運転知システム 展示
出展システム資料一括資料ダウンロード

車両ナンバー認証システム

車両ナンバーシステムは、これまで紙で入構チェックしていた施設への入退場車両管理を、画像解析による車両ナンバー読み取りでデータ化し、車両管理を省力化するシステムです。

今回は、車両ナンバー認証アプリケーションを展示。ナンバーを模したボードとカメラを使用し、デモンストレーションを行いました。 入場台数・指定車両台数・退場台数・滞留車両台数を記録表示し、一目で要注意車両や放置車両の台数が把握できます。 予め登録されたナンバーに対しては入場記録(ナンバー情報+画像)がされ、未登録のナンバーに対しては、アラート(警告灯などへの発報)を実演いたしました。

物流施設だけではなく、ビルや工場事業者様の車両管理課題に対しても最適なご提案をいたしました。

車両ナンバー認証システム 展示
車両ナンバー認証システム 展示
車両ナンバー認証システム 展示
出展システム資料一括資料ダウンロード

映像セキュリティ・音響ソリューション

JVCセキュリティカメラシステム <参考出品>

JVCブランドより、高効率なH.265圧縮方式を採用したネットワークカメラとネットワークビデオレコーダー、統合監視ソフトウェアを参考出品しました。カメラはBOX型、ドーム型、耐衝撃屋外ドーム型、屋外ハウジング一体型の4モデルをラインアップ。画像解析システムの映像入力としても活用できます。レコーダーは、マイルストーン社のビデオマネジメントシステム「Milestone XProtect® Express+」を搭載し、複数のカメラ映像を同時に記録再生。マップ連動のカメラ制御が可能な統合監視ソフトウェアで物流施設の構内から外周まで24時間・高画質で記録し、施設の安全を見守ります。

※XProtectはMilestone Systems A/Sの登録商標です。

JVC映像セキュリティシステム 展示
JVC映像セキュリティシステム 展示
JVC映像セキュリティシステム 展示
出展システム資料一括ダウンロード

ネットワークを活用した音響ソリューション 物流施設向け放送システム

近年、増えつつある大型マルチテナント型物流施設では、ネットワークを利用した業務放送システムが主流で、多様なご要望をお聞きします。テナントが入れ替わる度に放送エリアを変更したり、未入居(非稼働)エリアへの放送停止など、設定が複雑で面倒かもしれません。そこで、視認性・操作性の良いオリジナルPCソフトで煩雑な放送設備を簡素化することができます。マルチテナント型に限らず、放送エリアの設定に課題を抱える施設事業者様にご提案をいたします。

物流施設向け放送システム 展示
出展システム資料一括資料ダウンロード

その他、BCP対策製品システム

AI検温ステーション

非接触・非対面のセルフ式検温でリスクを低減。検温スクリーニングによる施設のBCP対策を。

ニューノーマル時代では、さまざまな施設の感染リスク対策として、検温によるスクリーニングが、新しい働き方様式。来訪者だけでなく従業員・職員も検温をすることで、内外要因のリスクを低減していく必要があります。

非接触・セルフ式検温システム「AI検温ステーション」が、施設におけるBCP(事業継続計画)対策のお役に立ちます。

AI検温ステーション 展示

KENWOODアルコール検知器

白ナンバー事業者へ、アルコール検知器によるドライバーの飲酒検査を義務化へ、法案整備中。

KENWOODのアルコール検知器は、信頼性の高い日本製の高感度・高品質センサーを採用。応答性が早く、迅速に高精度な測定が可能です。また、センサーをヒーターで加熱し反応を促進、さらに加熱することでセンサーに付着した汚れや不純物も除去します。

※アルコール検知器「CAX-AD100」に表示される数値は目安であり、自動車運転や機械作業等の可否を判断するものではありません。使用上の注意は、ケンウッド製品ホームページでご確認ください。

KENWOODアルコール検知器 展示

KENWOOD低濃度オゾン発生器

ビジネスユースの車内を快適な空間に!除菌・消臭の空間ソリューションをご提案します。

ビジネスにおけるBCPは、オフィスだけでなく移動車両やテレワークなど、あらゆるシーンで従業員や職員を守る「健康経営」が求められています。Afterコロナでは健康経営の動きが加速。ビジネスの車両にも除菌・消臭対策はニューノーマル。注目の「低濃度オゾン」は、ウイルスの抑制による除菌・消臭効果が実証報告されています。

*多重リング式コロナ放電による低濃度オゾンの試験結果(除菌効果、ウイルス抑制効果、消臭効果)は、ケンウッド製品ホームページで公開しています。

KENWOOD低濃度オゾン発生器 展示

ポータブル電源

災害時の備え、事業のBCP(事業継続計画)対策として、ポータブル電源の活用をご提案します。

近年、自然災害で幹線道路の通行止めや立ち往生が頻発。車中泊に備えた防災用品として、ポータブル電源は便利。また、事業所での軽作業で電源コードを延長するようなビジネスの普段使いにも、ポータブル電源はおススメです。

ポータブル電源 展示

感染症対策用キーボード&マウス MEDIGENICシリーズ

大切な職員・お客様を守るために、共用PCの感染症対策をお勧めします。

MEDIGENICシリーズは、防塵・防水仕様(IP65)で、アルコールやエタノールなどのスプレーや液体タイプの除菌剤にも対応。簡単に清掃できるので衛生面での管理が求められる場所(受付、共用PC)に最適です。

感染症対策用キーボード&マウス MEDIGENICシリーズ 展示
「BCP対策ソリューションご提案」カタログダウンロード

おすすめ資料

車両ナンバー認証システム」と「画像解析ソリューション」のご紹介資料

物流センターの省力化ソリューションとしてご活用いただける、
「車両ナンバー認証システム」「画像解析ソリューション」のご紹介資料です。

お問い合わせはこちら
システムのご相談はお気軽にどうぞ

ページの先頭へ