ホーム > ソリューション > 空間・音響ソリューション > 音声認識表示ソフトウェア

空間・音響ソリューション
音声認識表示ソフトウェア

リアルタイム文字起こしで発言を可視化! 議会運営のユニバーサルデザイン化を推進。

音声認識表示ソフトウェアのお問い合わせはこちらシステムのご相談はお気軽にどうぞ

お問い合わせ

全国の地方議会では昨今、「開かれた議会」に向けた取り組みが推進されており、ユニバーサルデザインへの対応が求められています。しかし、傍聴席の難聴者支援については赤外線ラジエーター方式や磁気ループ方式といった通信システムや、手話通訳の導入が主流ですが、設置費用などのコスト面や継続的な運営面で課題を抱えています。

音声認識表示ソフトウェア「TZ-TRACER」は、議場の様子を直接、リアルに見ることができる傍聴席には場内モニターなどに文章情報だけを表示し、インターネット中継や庁内配信などを遠隔の場で視聴する方々には「誰の発言内容か」が分かるよう、発言者の映像に字幕を組み合わせた表示をすることができます。本ソフトウェアと最低限の映像・音響設備があれば、あるいは既存設備に最低限の機材を追加するだけで、「リアル」と「遠隔」それぞれに適した2種類の画面表示が可能となり、コストを最低限に抑えた導入が出来ます。

発言者の音声をリアルタイムに文字化する音声認識表示ソフトウェアが、お客様の課題を解決します。

特長

  • 1リアルタイム文字起こしでバリアフリー対応。

    音声認識エンジン「AmiVoice®」を活用し、議会音声をリアルタイムで文字化。ローカル認識型を使用しており、ネットワークに接続することなくオフラインでの使用が可能なため、情報漏洩リスクがありません。
    また、カラーユニバーサルデザインに配慮した色使いで誰にでも見やすい画面を実現。運用に合わせて文字サイズの選択も可能です。

    この音声認識表示ソフトウェアの表示画面は色覚の個人差を問わず、より多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに配慮して作られていると、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構により認証されています。

    リアルタイム文字起こしでバリアフリー対応。
    COLOR UNIVERSAL DESIGN
  • 2人名や地名など、単語登録機能を搭載。

    人名や地名などデフォルトでインストールされていない単語の登録機能を搭載。登録した単語はCSVでのインポートとエクスポートが可能です。

    人名や地名など、単語登録機能を搭載。
  • 3認識結果をテキスト保存。議事録作成にも活用可能。

    音声認識の結果は、ローカルPC上にテキスト保存することが可能です。認識精度の確認や議事録作成支援にお役立ていただけます。

    認識結果をテキスト保存。議事録作成にも活用可能。

画面例

字幕表示画面
文章表示画面

音声認識エンジン『AmiVoice®』について

AmiVoice®は、国内シェアNo.1の音声認識エンジンです。ビジネスや日々の生活に密着した多種多様なサービスにお使いいただけます。最新のディープラーニング技術をエンジンに実装、高い認識率を誇ります。また、アクセントやイントネーション、会話スピードに左右されず、より自然な発話を認識。誰もが簡単に音声認識を行えます。

※出典:ITR「ITR Market View:AI市場2021」音声認識市場ベンダー別売上金額シェア(2015~2021年度予測)

システム構成例

場内モニター表示

場内モニター表示のシステム構成例
<機器構成例>
  • ●音声認識用PC:1台
  • ●音声インターフェースユニット:1台
  • ●大型液晶モニター:1台
  • ●音声認識表示ソフトウェア(ライセンス込み):1式
  • ●映像送信器/映像受信器:1式

※議会用マイク設備は別途。

字幕表示

字幕表示のシステム構成例
<機器構成例>
  • ●音声認識用PC:1台
  • ●映像合成スイッチャー:1台
  • ●音声認識表示ソフトウェア(ライセンス込み):1式
  • ●映像送信器/映像受信器:1式
  • ●音声インターフェースユニット:1台
  • ●大型液晶モニター:1台

※議会用マイク/カメラ設備は別途。

主な仕様と動作環境

画面表示パターン
文章表示、字幕表示
カラーパターン
文章表示 5パターン
字幕表示 4パターン
認識結果ログ
txt、csv、tsv
その他機能
会議システムソフトウェア「jmee®」との連動機能、文字サイズ選択機能
動作環境

オペレーティングシステムWindows® 10 Pro

ディスプレイ解像度1920×1080

映像出力1~3系統(マルチモニター対応)

●本ソフトの音声認識精度は、会議の内容や発話者、環境により変化します。会話の内容に関わらず、口元で集音できない場合は、認識精度が大きく下がります。●TZ-TRACER、jmee(ジェイミー)は株式会社JVCケンウッド・公共産業システムの商標、または登録商標です。 ●AmiVoice®およびロゴマークは、株式会社アドバンスト・メディアの登録商標です。●Windowsは米国マイクロソフト社の商標、または登録商標です。●記載されている会社名、製品名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。●仕様および外観は、予告なく変更することがあります。●画面はハメコミ合成です。

関連資料

音声認識表示ソフトウェアのお問い合わせはこちら
システムのご相談はお気軽にどうぞ

ページの先頭へ