ホーム > ソリューション > 事業継続計画(BCP) > AI検温ステーションのご提案

ニューノーマル・危機管理時代の「新しい働き方様式」事業継続計画(BCP)のための映像・音響ソリューションご提案

ニューノーマル・危機管理時代の「新しい働き方様式」

AI検温ステーションのご提案

非接触・非対面のセルフ式検温でリスクを低減。
検温スクリーニングによる施設のBCP対策を。

ニューノーマル時代では、さまざまな施設の感染リスク対策として、検温によるスクリーニングが、新しい働き方様式。
来訪者だけでなく従業員・職員も検温をすることで、内外要因のリスクを低減していく必要があります。
非接触・セルフ式検温システム「AI検温ステーション」が、施設におけるBCP(事業継続計画)対策のお役に立ちます。

企業・自治体

来訪者、従業員・職員の検温スクリーニングは、
AI検温ステーション VA110 にお任せください!

非接触での体表面温度測定により、
対面接触リスクの低減、高精度な検温を実現。
スタンドアローンでの簡単運用が可能です。

AI検温ステーション VA110
  • 高い精度とスピード検温で対面での接触リスクを低減!

    高性能赤外線センサーを採用し、検温誤差±0.2℃*、検出時間0.3秒で一人ずつ確実に検温。また、セルフ式検温なので、職員の負担や接触リスクを低減します。*性能保証動作温度において

    VA110 特長
  • 異常時は画面と音声ガイドでアラート通知!

    高温異常やマスク未着用検出時は画面表示の他に音声アラートでも通知します。※画面表示と音声例については、裏面をご参照ください。

    VA110 特長
  • スタンドアローンで簡単運用、検温記録は本体に保存!

    電源を入れるだけで起動し、温度自動校正の後、検温開始できます。検温記録は最大100万件(スナップショットは最大2万件)、本体内蔵メモリに保存(日時、温度、マスク有無)。管理者は記録データをUSBメモリにCSV、HTML形式で出力できます。

    VA110 特長

ユースケース

オフィス、学校、学習塾、スポーツジム
(特定利用者の施設)
  • 高速検温で、入場がスムーズ
  • 職員・スタッフの検温スクリーニング
商業店舗、ホテル、飲食店
(不特定利用者の施設)
  • 非接触検温でスムーズなおもてなし
  • 職員・スタッフの検温スクリーニング
公共施設、商業施設、イベント施設
(不特定・多数利用者の施設)
  • 施設利用者の全員検温実施
  • 職員・スタッフの検温スクリーニング

画面表示と音声例

VA110 画面表示と音声例 ●37.5℃未満の場合

画面:正常+温度
音声:「正常です」

VA110 画面表示と音声例 ●37.5℃未満の場合

画面:高温+温度
音声:「ピー」アラート音

VA110 画面表示と音声例 ●37.5℃未満の場合

画面:要マスク+温度
音声:「マスクを付けてください」

AI検温ステーション 製品ページはこちら

製品紹介

  • AI検温ステーション VA110 小型BOXセパレートタイプ
  • ■ VA110主な仕様

    ●ディスプレイ:8インチ
    ●電源:専用ACアダプター付属
    (入力AC100V、出力DC12V/3A)
    ●消費電流:DC12V/3A
    ●外形寸法:幅128mm×高さ303mm×奥行27mm(マウントポール部含まず)

    <参考:スタンド組み合わせ全高>

    フロアスタンド+VA110 約1,500mm
    デスクスタンド+VA110 約440mm
  • フロアスタンドVA110-STD-4 カメラ一体型スタンダードタイプ 幅301mm×高さ1,114mm×奥行277mm
  • デスクスタンドVA110-STD-2 セパレートタイプ 幅279mm×高さ57mm×奥行257mm

「監視カメラ連携システム運用例」

管理者はオフィスやバックヤードで検温アラートを確認できます。

Withコロナで施設の受付運営も変わりつつあります。対面による接触リスクを避けるため、検温場所での人の配置を廃し「無人受付」がこれからの ニューノーマル。検温ステーションで検知したアラート情報(マスク無し、または高温)を、監視カメラレコーダーにイベント記録。管理者は、事務所や バックヤードで、アラート発生時の監視カメラ映像をレコーダーで再生確認ができます。

監視カメラ連携システム運用例
AI検温ステーション 資料ダウンロードはこちら
<使用上のご注意>
■本製品は、薬機法が定める体温計ではありません。本製品は、スクリーニングを行うための体表面温度を測定するもので、測定結果は体温とは異なります。検温判定後に正しい体温を測定する場合は、体温計の使用を推奨します。■本製品は被検温者のウイルス 感染判断を行うものではありません。■本製品は屋内仕様です。直射日光は避けてください。■赤外線を放出する可能性のある高温または低温の背景を避けてください(例:キッチン調理面、熱器具、冷凍庫/冷却器など)。■検温デバイスは起動中に自動調整 (キャリブレーション)されます。自動調整には起動後10分間ほどかかります。■「顔情報」を扱う製品やシステムは、情報の取り扱いについて個人情報保護法の適用を受ける場合があります。設置にあたっては、情報が個人情報に該当するかの判断(2条)、情報 の適正な取得(17条)と利用目的の通知・公表(18条)、といった義務が伴うことを認識し、設置者による適切な対応が必要となります。

●記載されている会社名、製品名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。●仕様および外観は改善のため予告なく変更することがあります。●カタログと実際の商品の色とは、印刷の関係で多少異なる場合もありますので、あらかじめご了承ください。●画面はハメコミ合成です。

お問い合わせ
システムのご相談はお気軽にどうぞ

お問い合わせ

ページの先頭へ